Zaifトークンが何やら盛り上がっていたので静観していて思ったこと

投稿者: | 2017年9月2日

どうも@コイナー夢吉です。

今週はZaifトークンが盛り上がっていたようで、掲示板やTwitterを眺めていました。

自分もZaif開設したときにチャットで誰かがチップとしてZaifトークンを投げてくれたりしていましたが、正直興味なかったです。

その時は値動きもあまりなく、取引所発行の独自トークンなので「これ何に使うの?」的な感じでチップとトレード以外の使い道はないように思っていました。

それからたまにZaifトークンが上がってるという情報も目にしましたが、興味ないのでスルー。

それが今週暴騰したようで、一時2.5円の最高値。自分が見てたころの価格は0.1円、今が1.5円と15倍になってます。

でも正直「ふーん」て感じなんですよね。アルトコイン触っていると10倍20倍はザラで、昨日は80倍てのを目撃しました。

もちろんその中では投機資金による暴騰であったり、きちんとした開発リリースによるものだったり色々です。

確かにZaifトークンを0.1円で仕込んでおけば資産は10倍になったかも知れませんが、自分が見た限り暴騰場中でのinはめっちゃ危険な香りがしました。

だってアクセス集中でサーバー落ちが頻繁に起こってたんですよ?値動きが激しい上に高値で掴んでサーバー落ちとか目も当てられません・・・

今は値も落ち着いて、COMSA ICO開始に向けて10月1日までは徐々に値上がりして行くかも知れませんがね~

ただ、イナゴが集まってきているようで、Zaifの登録希望者が殺到しているみたいです。2週間待ちのようですが、そんなに焦る必要もないと思いますが。

ZaifトークンでCOMSAが買えるみたいですが、そんなことよりまず取り扱い通貨をもっと増やすべきでしょう。BTCとNEMとMONAとBCHじゃああまりにも少なすぎる。

大将COMSA、副将BTC、中堅NEM、次鋒MONA、先鋒BCHな位置付けで行くのでしょうか。

でもこうやって見ると純日本産!って感じで日本人としては応援したい気持ちが芽生えてくるのは何故だ?

チャート的には確実に底が上がってきているので自分も少し購入しておこうかなと。

Zaifトークンは現時点ではCOMSA期待で上昇傾向にありますが、COMSAとの技術的連携が未定ですのでそれ以外で付加価値を付けないと持つ意味もないように感じます。

例えば今勢いのある中国取引所のBinanceは、BNBと言うトークンコインを発行していて、実際にBinanceプラットフォーム上で使うと為替手数料や登録料などが割引されるというメリットがあります。

年が経つごとに割引率は下がっていきますが、このコインはBinanceが買い戻していきますので最終的にコインの価値は上がることになります。

そしてコインの価値が上がれば上がるほど手数料に使用する数量も少なくなりますのでBinanceで頻繁に取引するホルダーにとってはメリットでしかないのですよね。

中国市場ですのでYunbiを抜いてBinanceがTOPに躍り出れば一気に上がりそうですが。

すでに実需として使われていると言うのも大きく、自分も一時持っていたのですが、小額投資ゆえに数量があまり買えなかったので少し上がったところで売りました。

話が逸れましたが、Zaifトークンに関しては定期的に更新情報をチェックしていくつもりです。

現時点での情報はこちらから見れます。